安心して使える木の食器を(名入れ無料)

  お気に入りといえば

つくったものを自分でも使っていますが、その中で特に気に入っているものを挙げよと

​いわれたら、この木べらになります。

飛騨の山で育った山桜でできていて、もう5、6年になりますが、ほぼ毎日、食事の

用意に活躍しています。   これまでに扱ってきた食物の色素もしみ込んで、角が取れ、

暮らしの道具としての趣きが感じられるようになってきました。

スプーンやプレート、カッティングボードなど、他の道具もそれぞれ愛着があるのです

が、この木べらを選んだのには理由があります。

ひとつには、これが美味しい「ごはん」をつくることに貢献してくれていること。

包丁やまな板や菜箸などとともに、大事な大事なごはんをつくる時になくてはならない

ものだからです。

そして、もうひとつには、ここまでこだわってつくられた木べらを他に見たことがない

からです。 仕事柄、お店や、ウェブサイトなどでも、木の道具が出ていれば気になっ

て見たりします。 日本はもともと「しゃもじ」の文化でもあり、様々な木べらが売ら

れています。 それぞれに特徴があり、味わいがあります。 でも、なぜか、この木べ

らと同じようなフォルムのもの(持ち手の部分は特に)、同じようなコンセプトでつく

られたものに出会ったことはありません。

 

これはもしかしたら、一般的に木べらというものに馴染みがありすぎて、過小評価され

ていたり、どれも同じような、消耗品のようなものだと考えられているからかもしれま

せん。

美しく、軽くて、手に優しくフィットし、繊細な動きができる、使い易い木べらを丁寧

につくり、何年も愛用して、本当に気に入っています。 これを持つと手触りも​良く、

「ごはん」をつくるのがちょっと楽しくなります。

Forest Bliss はネットを通じて商品を販売していますが、この木べらの良さは手に持っ

て動かして使う時の感覚にあるため、写真や説明文ではそれを伝えきれないのがもどか

しいです。

Copyright (C) Forest Bliss  All Rights Reserved.