安心して使える木の食器を(名入れ無料)

  木工家の喜び

これはご注文をいただいておつくりした、離乳食用のトリオボウルです。  いろんな栄養

バランスを考えた食べ物を容れられる、簡単にひっくり返らない、赤ちゃんが大きくなっ

ても薬味やおつまみなどを容れて楽しめるなど、いろいろ考えてできたデザインですが、

つくるのがちょっと大変なので、商品として販売していなかったものです。

仲の良い知人に赤ちゃんができた時などにつくってプレゼントしたりしていたのですが、

何かの参考にと思ってマーケットプレイスのサイトに展示しておいたのをご覧いただい

た方からお問い合わせをいただいて、おつくりすることが、何度かありました。

考えてみれば、こういうデザインがまず珍しいと思いますし、それに加えて、こういう

加工のできるところもあまりないだろうと思います。    木の器というと、挽き物といっ

て、ロクロを使って同心円状のお椀やお皿を削り出してつくるところが多いですが、こ

のようなデザインはロクロを使っては出来ず、ノミでコツコツと彫らなければならず、

​また、1つひとつのボウル部分が小さいので、加工や仕上げに難しさが伴います。

こういった、特別に手間がかかるという事情のために、採算を合わせるのが難しいと判

断して出品もしていなかったのですが、それでも、こうやってモノや商品がたくさん溢

れている中で、自分の作品を見つけ出してお問い合わせいただくと、大変嬉しいと感じ

ます。  何時間もかけて探してようやく見つけた、などと言ってくださるので尚更です。

そんな経緯でつくり始め、やっぱりいろいろと苦労をするし時間もかかるのですが、

わが子のために良いものをと思っておられるお母さんの真剣さを思い、こっちも真剣に

取り組んで、ようやく完成させてお送りすると、とっても喜んでいただけます。

 

嬉しいのは、喜びのメッセージとともに、赤ちゃんがこの作品を手にしている(くわえ

ている)ところの写真を送ってくださったりすることです。 赤ちゃんというのは、命

の塊りのような、神々しい輝きのようなものをもっていますが、その姿を見て私もうっ

とりし、苦労した甲斐があったと感じるのです。 自分のつくったものが人の暮らしの

役に立っていると感じられる瞬間であり、その様子を心にとどめて、これからも安心し

使える良いものを生み出していこうと思うのです。

あるお母さんが送ってくださった、離乳食を容れて使っている写真です。

Copyright (C) Forest Bliss  All Rights Reserved.